他業種での新人研修

<建設会社での新人研修>

私の35年のファッションブランド販売で培った経験は
どんな会社の新人でのマナーや人間関係などは、
扱う物が違うだけで基本全く同じです。

マナー新人講座の大切さは、会社の顔となる受付や
新人の元気な姿、はっきりとした目標による
先輩との関わり方、それらが会社全体に活気ある
雰囲気を作り出します。

一時的な講話による研修には出来ない
一人一人の個性を確認し、パーソナルシートを活用し
カウンセリングをしながらのマナー講座を実施しました
3か月に一度のフォローアップも松下塾の特徴です。

新人を鍛え、元気になる事で周りの雰囲気も
変わり始めています。
この会社では新人研修は初めての試みです。
先輩方も研修を受けた新人の姿に、自分達も変わらねば!
そんな、相乗効果が現れています。

相乗効果という新人研修がもたらす効果を確認出来た、大変貴重な経験でした。
新人だけではなく、先輩たちの雰囲気が変わる、これが研修の大切さなのです。

貴方の会社の雰囲気は如何でしょうか?
会社内人間での研修は無意味です。
外の人間でないと、はっきりとした悩みや怒りは話せません。
研修など、お金がもったいないなどと、もったいないの意味をはき違えてはいませんでしょうか?

売り上げが上がらないのは何故でしょうか?
企業は人なり(稲盛京セラ会長)と言いました。
JALを立て直したのも人の教育からでした。

先ずは新人社員研修から始める事をお勧めいたします。

松下塾 松下浩子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です