2022年1月27日南日本新聞6ページ「サロン」にて取材、掲載されました。

2020から始まったコロナ・パンデミック、これからどうなっていくのかが不透明の中、商業施設は相次いでオープンしていきます。私はITがどれほど進もうが、対面接客は無くならないと確信しております。少数なのかもしれません、しかしそれが故に選ばれた者が接客を任される時代が来る、それには必ず教育が必要に成ります。今の鹿児島では未だアンガーマネージメントを取り入れている企業様は少数です、この遅れを取り戻さなければなりません。これから必ず必要になるアンガーマネージメントと実践教育を松下塾ではいち早く取り入れて講義をさせて頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です